日常

睡眠の重要性と意外なアロマ活用術

どうも、日向です(*’ω’*)

お布団から出たくないそんな日々ですが皆さんは日々ぐっすり眠れていますか?

快眠方やアロマの効果や活用法をご紹介していきたいと思います(‘ω’)ノ

 

睡眠の重要性

寝る間も惜しんで働くことを美徳とする人は多いですよね。
そういう人にとって、寝ている時間は「ムダ」以外何者でもないかもしれないです。
しかし最近の研究では、眠ることで脳の情報処理や記憶の定着が進むこと、寝不足だとコミュニケーション能力が大幅に低下することが分かってきています。
限られた時間で“快眠”するには、どうしたら良いのでしょう?
85歳の寿命のうち、人は28年眠っている!?

あなたの毎日の睡眠時間はどのくらいでしょうか?

まだ眠いのに通勤電車にゆられ、オフィスで睡魔と戦い、会話すらも面倒だったりはしないでしょうか?

2015年のNHK放送文化研究所の調査によると、日本人の平均睡眠時間は、約7時間15分。

思ったより長い気もするが、あくまでも平均値にすぎません。

地域や年齢などによっても差があり、都心部の男性は少ない傾向にあるようです。

私たちが1日およそ7時間15分眠り、85歳まで生きると仮定して、ざっと計算してみましょう。

すると人生の約33パーセント、なんと28年近く寝ていることになるのです。

もちろん、体を横にすれば疲労は回復し、頭も休まります。

しかし、眠りの目的はエネルギーの温存だけではなさそうです。

脳の睡眠サイクルを研究する神経科学者ラッセル・フォスター氏によると、眠っている間こそ脳は活発に活動するという。

眠っている間だけ活発になる脳内の遺伝子があり、睡眠中だけ代謝経路に結びつこうとするそうです。

諸説ありますが、眠ることではっきりと得られるのは「脳の情報処理」「記憶の定着」の力だといわれています💡

寝不足だと人の表情の読み取りに時間がかかるという研究結果もあるようです。

「オススメの快眠法」
1.寝室を「眠りの聖域にする」
2.部屋をできるだけ暗くし、涼しくする
3.寝る30分前から、光を浴びる量を減らす
4.寝る前に明るい蛍光灯の下で歯を磨いたり、顔を洗ったりしない。(あらかじめすませるか、抑えた光の下で行う)
5.携帯もPCも消す
6.カフェインを控える(できればランチ以降から徐々に)
7.朝日を浴びる(体内時計の調整に効果的)
8.自分が落ち着けるようにする(アロマ、音楽などなんでも)
9.自分に必要な睡眠時間を見極め、確保する

簡単そうなことばかりですがドキッとした方も居るはず|д゚)

かく言う私もいくつか当てはまってます。

濃い睡眠効果を得るためには脳みその切り替えが必須です。

気持ちを落ち着かせる。

漢方やサプリメントを取り入れてみるのもひとつの手段ではありますね(*’ω’*)

夢を多く見る人は眠りが浅いので寝覚めがスッキリしない?って方は漢方などもオススメです。

私も漢方を取り入れてから寝覚めスッキリになりました💡

快眠を得るために私が実践したこと

やはり睡眠は質のいいものをとりたい!

しかしどうやりゃいいんだ?
と色々と試してみましたが、寝る前にスマホを弄ったりしない!
心を落ち着かせる…
この辺はやはり大きいです。
しかしそうは言っても翌日のことを考えたりしちゃって中々心が落ち着く状態を作るのって難しいんじゃないの?
と言うのが個人的な感想です(;’∀’)
アロマを炊いてリラックス、好きな音楽を聴いてリラックス(激しめのジャンルはダメですよ(笑))
後は個人的にはオルゴールの音楽を聞くのもリラックスできました。
これに関してはオルゴールを買うもよし、オルゴールの音楽を集めたCDなんかもあるのでそういったものを入手してみるといいと思います(*’ω’*)
あとは私は漢方を取り入れたりもしています。
今日なんかはちょっと肌寒いくらいの気候でしたので寝る前に体を温める方が寝付きも良くなるらしいのでお風呂にちゃんとお湯をためて温まってリラックス、ストレッチをしてみる…等もオススメです(*’ω’*)
一番試行錯誤して効果が大きかったのはやはり…
枕を変える!
マットレスを変える!
これがかなり大きかったです。
自分に合ったものを探すのは中々大変ですがベストなものを使うとビックリするくらいよく眠れました(笑)
特にマットレスは奮発してちょっと良い奴を買いました( *´艸`)
マットレスもいろんなタイプがあるのでその辺は好みもあると思いますが耐圧を分散してくれるもので軽量のもの(個人的にここ重要)が良かったです。
過去に使っていたコイル式のものだと掃除だ模様替えだってやる時に1人で動かすのが大変でひーこら言いながら動かしてた思い出があります💦
軽量タイプのものだと動かすのも楽なのでかなりオススメです💡
冷えは万病の元とも言いますし、暖かい格好で過ごしてくださいね(*’ω’*)
我が家は甘えん坊の保護ニャン達の自動湯たんぽがあるのでこれからの時期は大活躍です(笑)

アロマの効果と意外な活用法

アロマで快眠

アロマのチカラを借りてみるのも一つの手です。
香りは、鼻から脳にダイレクトに伝わり、頭で考えるより先にリラックスしたり、 リフレッシュできたりするといわれています(*’ω’*)
 心身の不調を整えるために簡単なアロマセラピーの方法を取り入れて、目指せ! 快眠生活(‘ω’)ノ

その(1) 芳香浴

鼻から芳香成分を入れ、心身を癒します。空気中にオイルを拡散させる芳香浴は、アロマセラピーの中でも最もベーシックな方法です。
アロマポットやアロマライトなどの拡散器を使うイメージが強いですが、マグカップを利用すれば、外出先や出張先でも楽しめます(*’ω’*)
香りを楽しむのは10~20分間を目安にし、長期間の使用は避けましょう。

その(2) アロマバス

肌と呼吸器から芳香成分を取り入れます。湯船や、洗面器を使ってアロマを楽しむアロマバスは、鼻だけではなく皮膚からも有効成分を取り込むので効果が高まります(*’ω’*)
湯船に入れる場合は、原液のまま使用すると、粘膜に刺激を与えるので、必ず塩やベースオイルで希釈してから入れてくださいね。
最初は1滴から始めて、多くても3~5滴が目安です💡

その(3) 吸入・スチーム

鼻と口に直接届く、フェイシャルスチーム。
蒸気を顔に当てて、呼吸器系から体内に芳香成分を取り入れる方法です(*’ω’*)

のどや鼻にダイレクトに届くので、鼻水、鼻づまり、のどの痛みの緩和に効果的です。

蒸気の温かさで顔の毛穴が開くので、肌の老廃物を取り除く作用も期待できます。

ただし、ぜんそくの人や咳がひどい人は避けてくださいね💦

その(4) 湿布

タオルを使って、痛みや凝りを緩和。
洗面器に張ったお湯(60℃ぐらい)や氷水にオイルを1~2滴入れ、タオルを浸します。

絞ったタオルをトラブルのある部位に当てることで、症状を緩和させる効果があります。

まぶたに乗せる場合は、オイルの成分が目に入らないようにしっかり目を閉じること!

症状別にオイルを選べば、より効果が高まります(*’ω’*)

いろんな方法がありますのでぜひ皆さん自分に合った方法を見つけてみてくださいね♪

アロマ活用法(内面編)

アロマの効果といえば、リラックス、リフレッシュなどの癒しのイメージが強いかもしれませんが、実際にはそれ以外にも多くの効能が確認されています💡

そこで今回は、アロマオイル(精油)の主な効果と、その作用をもつ代表的なオイルをご紹介します。

日々の生活のいろいろなシーンでアロマを活用してみましょう(*’ω’*)

ストレス緩和

ラベンダー、ベルガモット、マンダリン、イランイラン、ゼラニウム、ネロリ、フランキンセンス、サンダルウッド、マジョラム、カモミール・ローマン

安眠、不眠の改善

ラベンダー、オレンジ・スイート、ベルガモット、マジョラム、マンダリン、ネロリ、プチグレン、フランキンセンス

不安感を和らげる

イランイラン、ベルガモット、ジャスミン、ネロリ、マンダリン、プチグレン、ローズ

リフレッシュ

グレープフルーツ、レモン、ペパーミント、ローズマリー、ユーカリ

集中力を高める

レモン、ローズマリー、グレープフルーツ、レモングラス、バジル、ティーツリー、ユーカリ

などがあります。

効果があっても自分の好きな匂いじゃないと意味が無いと個人的には思いますので実際に取り扱っているお店で色々とくんくん嗅いでみてお気に入りを見つけてみるの、オススメです(*’ω’*)

ただし、人によってはいろんな匂いを嗅ぎすぎると気分が悪くなる場合もあるので要注意です(^^;

お店やメーカー等によってはブレンドしたものもあるのでそういったものもいいかもしれませんね|д゚)

アロマの効果(肉体?編)

アロマオイルに含まれる成分には薬に似たような働きを持つものもあります💡
薬と異なり、多様な成分で構成されているアロマオイルは、肩こりの解消と同時に、メンタルに働きかけて心の不調も癒すといった相乗効果が期待できるのです(*’ω’*)
風邪やインフルエンザの予防
ティーツリー、ユーカリ、レモン、ラヴィンツァラ(ラベンサラ)

頭痛
ラベンダー、ペパーミント

花粉症対策
ユーカリ、ペパーミント、ティーツリー、ラベンダー

肩こり、筋肉痛
レモングラス、ジュニパー、ローズマリー・カンファー、ラベンダー、ユーカリ・レモン

冷え性
グレープフルーツ、オレンジ・スイート、レモン、ユズ、ジンジャー、ローズマリー・シネオール、マジョラム、ラベンダー、サンダルウッド、ヒノキ
むくみ
ジュニパー、サイプレス、サンダルウッド、レモン、レモングラス
便秘の改善
カモミール・ローマン、マジョラム、ローズマリー・ベルベノン、ペパーミント、レモングラス
以下女性特有のお悩みには
ホルモンバランス
クラリセージ、ゼラニウム、ローズ、イランイラン
生理痛

クラリセージ、ラベンダー、イランイラン、カモミール・ローマン

PMS
ゼラニウム、ローズ、ラベンダー、ベルガモット、マンダリン、オレンジ・スイート、サイプレス
 
等、以外にも色々とあります。
ただしこの場合はアロマは手段の一環としてで頼りすぎず万が一の時はちゃんとお医者さんに相談に行きましょうね💡
何事も自己判断が1番危険だったりするのです(´・ω・`)

こんなことにも使えちゃいます!

天然のアロマオイルは、抗菌、血行促進、肌の新陳代謝を高める作用など美肌効果も期待できるんです💡
オーガニック化粧品には、単なる香りづけとしてではなく、美容成分として精油が含まれていることもあります(*’ω’*)
ターンオーバー促進
ラベンダー、ローズオットー、ローズウッド、ローズマリー・ベルベノン、ネロリ
 

皮膚を引き締める
ローズオットー、ローズウッド、ゼラニウム、サイプレス
皮脂のバランス調整
イランイラン、ゼラニウム
 

ニキビ
ラベンダー、ティーツリー、パルマローザ
 
いろんな作用がありますね(*’ω’*)
ただ私はストレスでニキビが暴発した時に行ったお医者さんからは化粧水や美容液等はバイ菌にエサを上げてるようなものだから石鹸洗顔だけにしなさい!
石鹸で落ちない化粧品は肌に悪いわよ!
と言われたことがあります。
肌断食…という言葉を聞いたことがある方もいるかもしれませんがこれは自身の持つ再生能力アップを促すものですね(‘ω’)ノ
あまり栄養をあげすぎて肌を甘やかしすぎるのも良くないんですよー|д゚)
アロマなどを活用しながら自身の持つパワーをアップさせるのが個人的にはオススメです。
何事も頼りすぎちゃダメですよ〜(;’∀’)
更に!
実はこんなことにも使えるんです💡
雑菌やカビを抑えるパワーをもつアロマオイルは、キッチンやお風呂、洗面台など水周りのお掃除に大活躍します(*’ω’*)
アロマの虫よけは、ナチュラル志向の方の定番になりつつありますよね♪
雑菌やカビの繁殖を抑える
ティーツリー、ラベンダー、ペパーミント、レモン、ローズマリー・シネオール、レモングラス、ヒバ
 

虫除け対策
シトロネラ、ユーカリ・レモン、レモングラス、ゼラニウム
空気清浄
オレンジ・スイート、グレープフルーツ、レモン、レモングラス、ヒノキ、ヒバ
などがあります。
アロマと上手く付き合えば色んなことに使えます♬
色々ありすぎて分かんないよ!と言う場合は専門書を読んでみるのも手ですが(笑)まずは自分のお気に入りの香りを見つける事から始めてみるのがいいんじゃないかなぁ…と個人的には思います(*’ω’*)
=========================================
記事最後までご覧いただきありがとうございます(*'ω'*)
Lineではモデルの表に出てこないモデル業界の話や
日向が日給○万円を稼いでいるFX自動売買システムを限定プレゼントしています。

さらに限定プレゼントも不定期配信しているので楽しみにしてくださいね。
Line登録は下記のアイコンからお願いします
ストレスフリーな毎日を得たほったらかし自動売買ツールを★期間限定★プレゼント(*'ω'*)