日常

甲状腺機能亢進症(バセドウ病)と闘う。

こんにちは(*´ω`*)

日向です。

今日は華やかに見られがちなモデルだってただの人。

闘ってるのは詐欺師だけではないというお話を綴っていこうと思います。

 

私はかれこれ15年以上甲状腺の病気と付き合っています。

因みに私の母親も甲状腺を患っているので比較的早い段階で発見されました。

 

甲状腺の病気って案外気づかないまま過ごしてしまっている病気でもあります。

(甲状腺の病気は意外に多く、男性では50~100人に1人、女性では30~60人に1人の割合だと言われています)

 

数年前に絢香さんが発表して多少認知度は上がったと思いますが…

 

そもそも皆さん甲状腺が体のどこにあるか分かりますか?

 

首の喉仏を挟んで左右に丁度蝶々のような形であるんです(扁桃腺とは違いますよ)

 

因みに甲状腺とは、からだ全体の新陳代謝を促進するホルモン(甲状腺ホルモン)を出すところです。

因みに平均的な大きさは片側親指くらいと言われています。

甲状腺ホルモンは生きてゆく上では欠かせません。このホルモンがなくなると1~2カ月ぐらいしか生きられないと言われているくらいに大事な器官でもあります。

 

亢進症の症状とは?

甲状腺機能亢進症とは、甲状腺ホルモンが出過ぎて働きがつよく出る病気です。

多い症状は、甲状 腺が腫れる、頻脈(脈が速くなる)、手の指が震える、汗をかきやすくなる、たくさん食べるのにやせる、イライラする、疲れやすい、ときどき手足の力が入ら なくなる(周期性四肢麻痺)などです。

多くの場合、甲状腺は腫れて大きくなりますが、腫れの程度と病気の強さは必ずしも一致するわけではありません。

また、眼球が突び出したようになる眼球突出は有名な症状ですが、実際にはそれほど多くありません。

さらに、若い人は症状が出やすく、中年を過ぎると出にくくなると言われています。

 

私の場合は夏が滅法ダメで汗が止まらない、出先ではコンビニを見つけては涼んでお水を1本飲むの繰り返しで夏場のお出かけ程つらいものはありませんでした。

手が震えるのもコンプレックスでした。

脈が速いので運動をしてもすぐにくる少なるなど不便の連続。

余談ですが通常時の脈拍は100くらいあったのでスポーツクラブのエアロバイクに乗ると3秒で止まるという不便さ。

 

そのかわり寒いのが平気だったので冬場の服装が軽装過ぎて周りから

「見てる方が寒いからやめて!」

と言われていました(笑)

 

症状悪化で入院

ずっとお薬を飲みながら様子を見ながら10年近くを過ごしていましたが育つ甲状腺…

サイズは平均値の10倍を超えていました。

このままだと心臓に負担がかかって危ないということで甲状腺を潰すことに…

選択肢は切って取り出すか放射性物質を投薬して潰すという方法…

 

モデルという職業柄首に傷は残したくなかったので投薬を選択。

 

入院1週間前から食事はヨード禁止食。

といっても何にヨードが含まれているかなんてヨードラン光と海藻類かイソジンしか思い浮かばない私は渡されたパンフレットを見て絶望…

殆どの食品にヨードが含まれている…

というのも”うま味調味料”これが曲者でした。

あとアクエリアスにも入っているのをこれで知りました。

 

いざ入院。投薬後…

病院でももちろんご飯はヨード禁止食なので美味しくない…

そして投薬後は体から放射性物質が放出される所為か重たい扉の向こう側へ…

 

そして事前に稀に副作用が出ることは伝えられていましたがそこは引きの強い私。

 

ばっちり副作用が出て微熱が出てうんうん唸る。

アイスノン抱えてうんうんいう私…

当然ご飯何て食べる元気はないので退院前日まで点滴のお世話に…

 

入院前の検査で心電図も引っかかっていたので24時間ホルター心電図ともずっと一緒。

 

心電図のコードが出て点滴のカラカラを持ってる私の悲壮さは今思い出しても中々ひどかったなと思ったり…(笑)

アイスノンを抱えてうんうん言うては夜中にホルター心電図の電池が切れて大音量でピーピー!

ナースコールが手放せなかった私。

 

そんなこんなの1週間を過ごし無事に退院の許可が出た日に食べたヨード禁止じゃない肉うどんの美味しさは今でも忘れられません。

 

退院後は…

夏の苦しさからは解放されたものの秋口から肌寒さを覚えた私…

 

え?みんなこんな時期から寒さ感じてたの?!

と驚きつつ、冬に重ね着をする文化のなかった私は越冬できるか不安になったものの徐々に慣れるも…

 

やはりなりました。

低下症。

 

甲状腺機能低下症(橋本病)とは?

ホルモンが不足し、新陳代謝が衰えます。

血液検査ではコレステロールが高くなることが多いので、コレステロールの高い方は一度は甲状腺ホルモンの検査も受けておくほうがいいかもしれません。

主な症状は、元気がなくなり寒がりになる、むくみが起きやすくなる、便秘になる、白髪が増える、髪がぬける、声がしわがれてくる(嗄声)、疲れやすいなどです。

 

亢進症と似た症状もいくつかあります。

ただお医者さん曰く、亢進症よりは投薬でコントロールしやすいとのこと。

 

因みに今の私の甲状腺さんは良性のしこりが星のようにいます(汗)

気になる人は早めの受診を!

甲状腺の病気は頻度が高いわりに症状が軽いことが多いため、見逃されたり、放置されていることが多いものです。

簡単な血液検査でホルモンバランスも測定でき、各種の治療方法が確立されています。

気になる点がある方は、ぜひ専門医のいる病院を受診してみてくださいね。

 

こぼれ話。心電図の謎が解明。

昔から心電図…必ず引っかかります。

一度詳しく調べてみることを進められて精密検査をしたところなんと…

 

 

私、他の人と心臓を動かす指示を出す場所が違うらしいことが判明。

 

病院の先生が説明のたびに一々「言ってもわかんないと思うけど~」というのに軽くイライラしてたのは内緒です(笑)

 

分かんないから説明聞きに行ってるんじゃんね…?

分かったら医者にはかかっとらんわい!と思った日向なのでした。

=========================================
記事最後までご覧いただきありがとうございます(*'ω'*)
Lineではモデルの表に出てこないモデル業界の話や
日向が日給○万円を稼いでいるFX自動売買システムを限定プレゼントしています。

さらに限定プレゼントも不定期配信しているので楽しみにしてくださいね。
Line登録は下記のアイコンからお願いします
ストレスフリーな毎日を得たほったらかし自動売買ツールを★期間限定★プレゼント(*'ω'*)