未分類

儲けた人だけがするものじゃない?損をしても確定申告をした方がいいかもしれない。まとめ

さてさて。

個人事業主の私にとっては楽しみなシーズンがやってきました(›´ω`‹ )

書類まとめるのめんどくs…

おほん!

さて、確定申告といえば個人で仕事をしている人や副業で利益を出した人だけだと思っていませんか?

こちらは当然当たり前なんですがFX等で損失を出した場合なども確定申告をした方がお得になる場合があるのでまとめてみました💡

確定申告とは?

確定申告とは、所得にかかる税金(所得税及び復興特別所得税)の額を計算し、税金を支払うための手続きです。個人の所得の計算期間は1月1日から12月31日の1年間。確定申告書や決算書などの必要書類をそろえ、今年の場合は2019年2月18日(月)から3月15日(金)までに税務署に申告・納税します。人によっては、確定申告を行うことによって「納めすぎた税金が還付金として手元に戻ってくる」場合(還付申告)もあります。

確定申告が必要な人

次の条件にあてはまる人は、確定申告を行って税金を納める義務があります。 

  • <確定申告が必要な人>
  • ・配当所得があった人
  • ・不動産所得があった人
  • ・事業所得があった人(個人事業主)
  • ・給与所得があった人(サラリーマンでも確定申告が必要な場合も。後述)
  • ・退職所得があった人
  • ・譲渡所得があった人
  • ・山林所得があった人
  • ・一時所得があった人
  • ・雑所得があった人(年金、事業的規模でない副業による所得などがある場合)

個人事業主は、みずからの事業による所得を計算して確定申告を行います。確定申告せずに放っておくと、本来納めるべき税金に「加算税」や「延滞税」がプラスされて納税金額が高くなってしまいます。

ちなみに、「所得」とは収入金額から経費を引いた金額です。例えば事業による売上が900万円、人件費などの経費が600万円だった場合、残りの300万円が事業所得になります。さらに、青色申告の特典などの控除制度をうまく活用して所得を少なくできれば、確定申告の際に節税もできてお得です💡

会社勤めでも確定申告が必要な場合

会社員の中でも、高額収入の方やマンション・アパート経営をされている方は、所得の金額により確定申告が必要となります。また、病気やケガで入院・治療した方は、医療費が10万円を超えている場合(一部例外あり)に確定申告を行うと「医療費控除」の対象になります。

  • <会社員向け:確定申告が必要になる条件>
  • ・給与収入が2,000万円を超えている場合
  • ・2ヵ所以上の会社から給与を受け取っている場合
  • ・配当所得や不動産所得などの副業所得が20万円を超える場合
  • ・医療費控除、雑損控除などを受ける場合
  • ・住宅ローン控除を初めて受ける場合(2年目以降は年末調整で行う)
  • ・その年の途中で退職し、再就職しておらず、年末調整を受けられない場合
  • ・ふるさと納税の納付先自治体が6ヵ所以上の場合

確定申告の提出時期・期間はいつからいつまで?やり方は?

平成30年度の確定申告は、2019年2月18日(月)から3月15日(金)の間に税務署に提出する必要があります。確定申告書を作成する際は、従来は所定の申告書を印刷して1つずつ記入する方も多かったですが、今は国税庁のHPや民間の会計ソフトなどを利用するケースが一般的です。 

国税庁の確定申告書作成コーナーで作成する場合は、生命保険や住宅ローン、配偶者がいたりすると税金が安くなる控除と呼ばれる制度があるので、そうした制度をある程度自分で調べて書類を見ながら計算して記入していく必要があります。民間の会計ソフトを利用する場合は、自動で計算してくれてカンタンに作成する機能が充実していて、かなり安価で使えるので、そちらも一度検討してみるといいでしょう。 

提出方法は主に3つあり、

  • ・税務署に郵送する
  • ・手渡しで直接最寄りの税務署に提出
  • ・e-Taxと呼ばれる電子申告システムを使い、オンライン上で完結させる

という方法があります。
e-Taxはオンライン上で完結するのでとても便利ですが、手続きにはマイナンバーカードが必要なので、持ってない方には郵送が便利と言えます。また郵送の場合、郵便局の窓口で定形郵便として提出し3月15日までの消印があれば期限内として認められます。(なるべく余裕を持つことをオススメします。)

青色申告?白色申告?それぞれの違い

確定申告の方法には、「青色申告」と「白色申告」の2種類があります。

青色申告とは

青色申告とは、税金が安くなる特別な控除や赤字の繰越で翌年度の税金を安く抑えることができたりする様々な優遇特典のついた確定申告の方法です。強力な優遇措置がある一方で、1年間の取引を複式簿記の形で作成した帳簿を用意する必要があります。青色申告のおもな特典は以下のとおりです。

  • <青色申告のおもな特典>
  • ・青色申告特別控除(65万円または10万円)
  • ・青色事業専従者給与の必要経費算入
  • ・純損失の繰越し

利用のきっかけになる大きなメリットは、売上から経費を引いた「所得金額」から65万円を控除できる、という点です。例えばあなたの副業や副業や個人事業の売上が100万円、経費で30万円使っていた場合、差額の70万円に対して所得税がかかります。この時、青色申告で1年分の収支を作成して申告を行うと、70万円から65万円を引いた5万円に対してのみ所得税が課税されるようになります。

白色申告とは

白色申告とは、青色申告と比べて簡単に確定申告ができる方法です。貸借対照表の提出が不要であるほか、帳簿も取引きごとにすべて記載するのではなく、日々の合計金額を一括記載する方法で申告できます。

ただし、白色申告には、青色申告にある家族への給与を経費にできるしくみや、赤字の繰り越しもありませんので、節税メリットは少ないといえるでしょう。

なお、白色申告で例外的に損失の繰越しができる場合もあります。それは、変動所得と被災事業用資金です。変動所得とは、原稿料や著作権使用料、漁業、海苔の養殖など、年によって収入が大きく変動する所得のことです。被災事業用資金とは、地震などの災害によって資産に受けた損害を指します。

青色申告、白色申告の選び方

以前は「青色申告は面倒だから」「帳簿の作り方がわからない」という人が白色申告を選んでいました。しかし、2014年の法改正により白色申告にも帳簿作成が義務付けられたため、青色申告にしたほうがメリットが大きいという意見が増えています。

因みに保険やふるさと納税、住宅ローンなどを利用している場合は税金が安くなります💡

 

FXの損益はどうしたらいいの?

FXの所得は雑所得に分類されるので、他の所得との損益通算は出来ません(先物取引内では可能)。

しかし、FXで赤字が出た場合でも確定申告はした方が良いのです!なぜならFXによる損失を3年間繰り越す事が出来るからですヽ( ືꈊ ື )ゝ

青色申告をしている個人事業主(不動産所得等を含む)の場合、事業をする上で生じた損失は3年間繰越する事が出来るというのは個人事業主の間では有名な話です。(所得税法第70条「純損失の繰越控除」)。

とはいっても、給与所得者に副業収入が有る場合は基本的に白色申告ですよね。また副業による収入は雑所得として扱われます。原則として、雑所得で生じた損失は損益通算の対象外ですし繰越控除も出来ません。

しかし安心して下さい!FXによる損失は例外的に繰越をする事が出来ます!

FXを含む先物取引による雑所得に関してマイナスが発生した場合は、損失の金額を翌年以降3年間にわたって繰り越し、先物取引等で利益が出た年に過去の損失の金額を差し引く事が出来るのです。(租税特別措置法第41条の15)。

参考:正式名称は「先物取引の差金等決済に係る損失の繰越控除」と言います。

因みに…FXによる損失は給与所得等と損益通算する事は出来ません。将来にわたって損失を繰り越したとしても、その損失と相殺出来るのは先物取引による雑所得のみという点はお忘れなきように…

FXで生じた損失は放っておくと無かったものとして扱われてしまいます。従って、将来にわたって繰り越しをしていくには確定申告をしなければなりません。

具体的には、損失が発生した年分の確定申告の際に以下の必要書類を添付して提出し、その後も連続して必要書類と共に確定申告をする必要が有ります(参照元:国税庁「タックスアンサー:No.1523先物取引の差金等決済に係る損失の繰越控除」)。

1○○には損失を申告する年を、△△には「確定」や「修正」等確定申告の種類を記載します。
2FXで利益が出た場合でも必要です。

また、実際にFXの利益を過去から繰り越した損失と相殺する年にも、同様の書類を提出しなければなりません。要は、「損失が発生したらその損失を繰り越している期間中は、毎年必要書類を添付して確定申告をましょう」、という事ですね。

繰越控除するのを忘れた場合、期限後でも対応可能!

FXで生じた損失が繰り越し出来る事を知らないと、損失が出てもそのままスルーしてしまいかねないですよね。

損失の繰越控除は確定申告をして初めて受ける事が出来るものなので、確定申告をしなかった場合は、翌年以降利益が出た時に余分に税金を払わなければなりません。

しかし、心配は不要です。確定申告時に繰り越し控除を忘れた場合でも、遡って繰越控除をする事が出来ます!

根拠条文は租税特別措置法第41条の15第3項です。

第一項の規定は、同項に規定する居住者又は恒久的施設を有する非居住者が前項に規定する先物取引の差金等決済に係る損失の金額が生じた年分の所得税につき当該先物取引の差金等決済に係る損失の金額の計算に関する明細書その他の財務省令で定める書類の添付がある確定申告書を提出し、かつ、その後において連続して確定申告書を提出している場合であつて、第一項の確定申告書に同項の規定による控除を受ける金額の計算に関する明細書その他の財務省令で定める書類の添付がある場合に限り、適用する。

そして、ここでいう確定申告書には期限後申告書も含まれる事になっています(租税特別措置法第2条1項10号・所得税法第2条1項37号)。

何も知らずに、税務署へ相談に行くと「期限後は繰越控除出来ません!」と言われる事があるかもしれないですが、条文に上記の様に書いている旨を伝えればきっと問題無く受理されます💡

まとめ

雑所得は損益通算の対象外ですが、FXを含む先物取引等については確定申告により翌年以降3年にわたって損失を繰り越す事が出来ます。損失の繰越をしないと損をする事が有りますが、繰越をして損をする事は有りません。

手間もそれほどかからないので、FXで年間の損益がマイナスとなった方は確定申告をする様にしましょう!

面倒くさがらずにキチンと確定申告はしましょうね٩(。•ω•。)و

=========================================
記事最後までご覧いただきありがとうございます(*'ω'*)
Lineではモデルの表に出てこないモデル業界の話や
日向が日給○万円を稼いでいるFX自動売買システムを限定プレゼントしています。

さらに限定プレゼントも不定期配信しているので楽しみにしてくださいね。
Line登録は下記のアイコンからお願いします
ストレスフリーな毎日を得たほったらかし自動売買ツールを★期間限定★プレゼント(*'ω'*)